生活習慣から改善する

アトピーは生活習慣も大きく影響します。原因となる黄色ブドウ球菌は不潔な環境になると増えていきます。
ですから、汗をかいたら、シャワーを浴びる。そして、シーツなどの皮膚に接する物は出来るだけ、清潔な状態を保つ事がアトピーの予防につながります。

それから、入浴する時の注意です。肌は清潔に保つ事は大切ですが、こすりすぎや洗いすぎには注意です。
肌はバリア機能を備えています。それによって、不要な細菌から肌を守ってくれます。しかし、洗いすぎる事でそのバリアが崩されてしまい、細菌が増えてしまう事もあります。
できるだけ、自分の持っているバリア機能が働くようにしてあげることが大切です。

アトピーの天敵は乾燥ですので、清潔にした後のケアも非常に大切です。
水分が逃げないようにしっかりと保湿してあげることが大事なのです。
保湿用品は様々なタイプがありますが、浸透力の低い製品はいくら塗り重ねても結局乾燥してしまう可能性があります。スキンケア用品には返金保証のあるものもあります。出来るだけ多くのタイプを試して、自分の肌に合ったものを見つけ出しましょう。

参考資料:アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~】

そして、関係ないように思えますが、ストレスも大敵です。大人になってからのアトピーはストレスが多く影響していると言われています。
ストレスを抱えてしまうと、ホルモンバランスが崩れて、免疫力が低下してしまいます。すると、肌の免疫力なども低下して、バリア機能が働きにくくなってしまい、アトピーが発生してしまいます。
治っていたアトピーが再発と言う事もよくあるので、ストレスは上手に発散する事をぜひ、心がけて下さい。

アトピーは、普段の心がけが改善につながっていきます。すぐに改善と言う訳にはいかないかもしれませんが、毎日の積み重ねがアトピー完治につながります。