アトピーの原因とは

アトピーで悩む人はとても多くいます。アトピー肌の人は痒みや乾燥に悩まされて、夜も眠れない事があります。そして、原因も不確かで、アレルギーの一種と言われ、完全に完治する事は難しいと考えられていました。
ところが、最近の研究でアトピーの原因となっているものがわかりました。それが、黄色ブドウ球菌と言われる肌に潜む細菌です。

もともと、肌には細菌がたくさん存在しています。黄色ブドウ球菌もその1つです。その細菌のバランスが崩れ、黄色ブドウ球菌が増えるとアトピーが発症してしまう事がわかりました。
汗をかくと、黄色ブドウ球菌は発生します。そして、黄色ブドウ球菌の増加により痒みが発生してしまうのです。更に、痒みにより掻きむしる事で黄色ブドウ球菌は、体に広がり、アトピーも悪化してしまいます。このような悪循環が始まるとアトピーはどんどん悪化してしまう事になるのです。

また、食事にも注意する必要があります。アトピーである人は、胃腸の弱い人が多いと言われています。なぜなら、胃腸が弱い人の多くが肌の免疫力が低下しているからです。
肌の免疫力が低下してしまう事で肌が本来持っているバリア機能は働きにくくなります。すると、黄色ブドウ球菌が増えてしまうという結果になってしまうのです。

胃腸が弱いと体内の不必要な物を排出できなくなってしまいます。すると、体内には毒素がたまってしまい、やはり、肌のバリア機能が低下してしまうのです。
では、アトピーの原因となる黄色ブドウ球菌を増やさない方法を具体的に紹介していきましょう。